返金出来るの?阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)について解説!!

返金出来るの?阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)について解説!!

返金出来るの?

 

返金する方法を教えて欲しい!!

 

そんな方に朗報です!

今回は返金というキーワードをテーマに阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)について解説していきます。

果たして返金は出来るのか、それともできないのかだけでなくネットビジネスと返金の関係についても説明していきますので気になる方は是非最後までご覧ください。

 

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)は返金が出来るのか?

まず最初にお伝えしておきますが阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)というのはネットビジネスです。

このネットビジネスというのは分類上は「通信販売」という商品になります。

今ではカタログを見たり深夜にやっている通販のテレビ番組で購入する人も少なくなっており直接通販サイトを見るかInstagram、Xなどで紹介されているのをよく見ます。

また、ポイントサイトにてポイントを溜めるために通販サイトから商品を購入するといった使い方がスタンダートになっています。

話が横道にそれましたが、こういった通信販売商品というのは返金が基本出来ないとされています。

特に消費してしまうようなものであれば返金はまずできないと思った方が良いでしょう。

したがって結論….

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)で返金は….

「出来ない!!」と思います。

その理由をさらに解説します。

 

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)で返金が出来ないと考えられる理由

先ほども解説したように阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)はネットビジネスであり「通信販売」という商品になります。

この商品はクーリング・オフというものが出来ません。

このクーリング・オフというものは契約の解除などが出来るので訪問販売など不意打ち的な営業によって正常な判断が出来ず購入してしまったという場合に利用されます。

また、現在ではクーリング・オフ以外にも返金や返品に対応しているところもあるので今回の阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)に関しても返金が出来るのでは無いかと思っている人もいるでしょう。

しかし、そもそもクーリング・オフが利用できないだけではなくネットビジネスの場合は特に返金が難しいモノになっています。

その理由は何なのでしょうか。

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)はビジネスノウハウの提供もあるので返金が出来ない?!

物体があるものに関しては返金や返品が出来る場合もありキズが無く再度商品として販売しても問題が無いモノに関しては特例として返金ができます。

また企業によっては返金の必要が無くても自社イメージやブランドイメージを守るため、悪評などによってさらに大きな損失を出さないために企業方針として返金をしているところもあります。

しかし、それは企業が自主的に行っており全ての企業がするという訳ではありません。

そもそも阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)のようなネットビジネスは返金してしまうとノウハウがタダで手に入ることになるので商売になりません。

ビジネスの世界に100%というものはなく稼げる方法を教えるという事に関しては知識に価値があるのでその承諾をして購入しているような商品は返金が出来ません。

さらに言えば返金という行為が可能では無いというのは少し考えればわかることだと思いますし一般的な商品ではない時点で返金が出来ないという想定もするべきだと思います。

もっと言うと返金を求めるというのは商品が気に食わないからお金は返してもらいといっているようなものです。

 

先日店まで足を運び自分で商品を手に取って食べたのに料金を払わないと言ってニュースにもなっていた事件がありましたがそれにも似た印象を受けます。

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)に対して返金を求めるというのはまさにこういった行為に近いと思いますし、これを見て流石に良くないことだと思った方も多いのではないでしょうか。

 

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)で返金する方法は無いのか?

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)については返金を求めても通信販売というカテゴリにーに属するため企業は対応する必要はないと思います。

またこれを許してしまうとビジネスとしても成り立ちませんし、ビジネスモデルを見ても稼げないとは思えないというのが正直な感想です。

返金する方法としては直接運営に話をして返金をしてもらいたい旨を伝えるしかありませんが、阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)側に非が無い場合は難しいでしょう。

消費者センターを使っても返金は難しそう

返金というと消費者センターを使うという人もいると思いますが、こちら成功率は低いと思います。

何故なら消費者センターは法的強制力というものはありません。

消費者センターの権限で返金を法的にさせるという事が出来ないという事です。

消費者センターは相談者に対して親身になって対応はしてくれますが、万能ではありません。

勝手に話を進められてしまう可能性もあるので個人的には止めた方が良いと思います。

 

弁護士に相談しても必ず引き受けてくれるとは限らない?

次に返金を考えるのであれば弁護士に相談しようとする人もいますがこちらについても費用と時間ばかりがかかってしまい返金額の数%しか戻ってこないという事も十分あり得ます。

これは「費用倒れ」というもので請求金額よりも弁護士依頼料の方が高くなってしまうというものです。

時間とお金がかかる弁護士に依頼するよりは自分で交渉するのが良いと思います。

それだけではなくそもそも弁護士が依頼を受けてくれないケースもあります。

弁護士は依頼を受けるかどうか自分で決めることができるので必ず依頼を引き受けるという事はありません。

このような理由で弁護士に依頼するというのも得策ではないと思います。

 

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)で返金するくらいならすぐ違うビジネスにトライする方がマシ?!

色々調べてましたがやはり阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)に関しては返金することはできないと思います。

ライバーを育成発掘するというビジネスモデルはまだ新しいビジネスであるため受け入れられない人もいるのかもしれません。

また、稼ぎ方についてはノウハウなどの提供もあると思うので再現性が低いとは考えにくいのでは無いかと思っています。

しかし、どのようなビジネスでもやってみて合わない、自分には難しいと判断することはあります。

そういった時にはすぐに違うビジネスにシフトしそちらで稼げるようにまた頑張るのが良いでしょう。

誰にだって失敗やミスはあります。

自分が稼げると思ったビジネスが自分に合わないという事は経験として将来役に立つでしょう。

返金したいと躍起になるよりも次のステップに進むことをお勧めします。

以上が阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)の返金に対する調査結果でした。

 

阿部哲也の(ライブライク)についてもっと知りたいという方は以前まとめた記事があるのでそちらをご覧ください。

こちらから見れます!

↓↓↓↓

こちらから>>>阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)の実態と詐欺疑惑について調査!口コミや評判もチェック!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です